作文 読書感想文

書き出しが重要

 

 

 いよいよお盆が明けました。学生にとっては夏休みが終わる~と冷や汗が出る時期でしょうか。毎年、読書感想文・自由研究等がまだ終わっていないというタイプが多く親子で焦って動く頃です。

 さて、読書感想文に限らず他の作文、文章において「書き出し」が超重要です!!書き出しで失敗してしまうと相手に最後まで読んでもらえません。それはオーバーかもしれませんが、少なくとも読み手には興味を持ってはもらえません。

 では具体的におすすめの書き出しは・・・読書感想文においては「  」で始めることです。実際に、コンクール入賞者の作品の大半は「  」から始まっています。下に二つの例を挙げたのでぜひ読み比べて下さいね。

(1)「なんだかシンプルだけど、とっても可愛い!この挿絵!」。というのが、この本を初めて見た時の印象です。何気に読書感想文コーナーに立ち寄った時に思わずパッと目に飛び込んできたのです。絵が気になったので手に取って少し見ると、全世界で8000万部、日本では600万部も売れているベストセラーだと、書かれていました。

(2)この本は、書店の読書感想文コーナーでオススメ本として紹介されていました。そこには、全世界で8000万部、日本では600万部が売られているベストセラーと紹介されていました。そのときは特に何も感じなかったのですが、挿絵がとても印象的だったのだけは覚えています。その後、たまたま図書館で勉強中に、再びその挿絵の本が目に入り、興味を持って手にとって読み始めました。

 同じ内容(「星の王子様」の感想文)を2種類の書き方で表してみました。(2)は「読書感想文の書き方」の例として市販の本やネットの例を参考に書きました。

 ちなみに(1)は読書感想文の審査員の立場として、「もっと読んでみたい、この感想文」と思えるように書きました。おそらく・・・大半の人は(1)の方を続きを読みたいと思ったことでしょう。

 相手に読んでもらうには、どうすればいいか?「伝えない」「説明しない」☞「会話文」「自分の気持ち」から始めると効果的ということをぜひ念頭に!

-作文, 読書感想文

© 2022 作文110番