勉強法 雑感

複数のツールを持とう

 私事ですが、先日メルカリの注文・発送の連絡が入ったので早速手続きをしようとしたところ、スマホでは操作が出来なくなっているではありませんか!!必死でスマホのアプリを更新しようとしても無理。時間は刻々と過ぎていき、タイムリミットが近づいてきました。

 結局、私はパソコンからメルカリにログインしQRコードをプリントアウト、それを使って発送手続きを行いました。後日、時間的余裕があるとにスマホのアプリを入れ直すなどの作業をして事なきを得ました。何が言いたいか?一つの方法がダメでも、ツール(実際の道具を含む)や方法を複数、持ってく、知っておくとすぐに対応できるということです。

 勉強でも同じです。一つのやり方にこだわるのではなく、色んなやり方等々を試してみて自分に合った方法をとることが成績アップへの一番の近道なのです。最初から「最短の方法」に出会えるとは限りません。実は複数試すからこそ、たまたま最初にやってみた方法がベストだったと実感できるのです。

 私は、長年の指導経験から「いま、目の前の子にとってベスト」と思える方法を伝えますが、その際に「え~?別の塾の先生は(学校の先生は)違う方法を言った!!」不快な表情をするタイプが時々います。

 逆に「成程、そういう方法もあるんですね。学校では別の方法を習いましたが、両方試してみて自分に合ったことをします」と言う生徒もいます。どちらが成績がアップする、さらには将来的に周囲から可愛がられていい人生を歩む可能性が高いか?言うまでもありませんよね?

 とにもかくも「否定」から入るのではなくまずは複数のことを「肯定」から入り、それらを吟味して取捨選択する、今、ベストと思っている事柄等が無理になった時はストックしている別の方法を試す、こういう姿勢があらゆる分野で不可欠だと思うきょうこのごろです。

 

-勉強法, 雑感

© 2021 森下藍理 国語・文章・読書感想文指導講師