鑑賞

五月雨 五月晴れ

 

 

 「五月雨」「五月晴れ」これら二つの読み方分かりますか?それぞれ「さみだれ」「さつきばれ」と読みます。現代では「五月晴れ」を「ごがつばれ」と読む場合もありますが。

 さて、なぜ「五月」という字を用いた天候を表す言葉があるか?実は5月といえば晴れる日が多く、すがすがしいといった印象がありますが、旧暦の5月は現在の梅雨の時期にあたるのです。

 つまり、旧暦が使われていたころの5月は、雨の季節だったのです。それゆえ梅雨の晴れ間ををわざわざ「五月晴れ(さつきばれ)」と言うのです。

 ここで注意しなくてはならないのが、「五月晴れ」を「ごがつばれ」と読むときは現在は5月の晴れた日のことをダイレクトにさすということ。読み方によって現代の5月をさす場合と6月をさす場合があるので要注意です。

 今年は異例の早めの梅雨入りだとか・・・。“この時期だからこそ”の言葉を上手につかって楽しみたいですね!!本当に日本語って奥が深くて素敵だなあ~とつくづく感じる今日この頃です。

-鑑賞

© 2021 森下藍理 国語・文章・読書感想文指導講師