紹介・連絡 読書感想文

本選びは慎重に!!

 北海道で国語塾を主宰していた時のことです。毎年毎年、夏になると次のような光景が繰り広げられました。それは・・・。

 「読書感想文」を書くべくして通塾、居残りしている中学生たち。「先生!明日も来ていいですか?」「書けるまで居残りしていいですか?」とやる気満々で本当に素晴らしいのですが、問題点が一つ・・・。

 彼らの何人かが「まだ本を読み終えていない」!!!というゆゆしき事態が!そもそもなぜ「まだ読み終えていないか?」→「興味のない本を選んでいるから」。彼らなりに必死で本を選んだつもりでしょうが、それがミスチョイス。

 一人は図書館の中の課題図書コーナーに行き過去の課題図書をチョイス、もう一人は親にお勧めの本を準備してもらったのそうです。しかし二人に共通するのが「名作を選んでいるけれど自分にとっては全く興味がない」ということ。

 本当に!毎年毎年、同じ光景が私の目の前で繰り返されるのです。本選びに迷う☞「課題図書」「おすすめ本」という図式は一見正しいです。

 でもいざとなると・・・「読めない」のです。Aさんにとって面白い本でもBさんにとっては「??」なんてことは日常茶飯事です。「本を読むこと」≒「拷問」となってほしくないので「本選びはくれぐれも慎重に」!!!

 最初のスタートで躓いてしまうとあとから挽回するのは大変です!!ちなみに、私が提供している「らくらく!読書感想文講座」というオンラインプログラムでは選書の方法なども入っていまーす!むろん、個人的に指導する場合は選書からアドヴァイスします。

https://peraichi.com/landing_pages/view/49kakeru

 

-紹介・連絡, 読書感想文

© 2021 森下藍理 国語・文章・読書感想文指導講師