雑感

指導者のタイプ

 

 連日、小論文では「決まった答えがない」と書いていますが・・・。そもそも「指1導法」にも決まった答えはありません。だから難しい・・・のではなく!!楽しいのです!!

 難しい理由としては①指導しすぎると生徒が依存してしまい、自分で考えなくなる。②生徒の自主性に任せようとしすぎると指導不足になり生徒のやる気をそいでしまう。以上2点が理由としてあげれれます。

 そのためこの2点のバランスをとるのが難しいと言えば難しいのですが、私としてはそのバランス、匙加減がうまくいったときに最高に嬉しくなるのです。むろん、生徒さんのやる気も成績もグーンと上がります。

 逆に言うと、指導者を見極める際には①教えすぎるタイプ②全く教えない、という両極端のタイプではないかをしっかりと意識することが大切です。正直に言って・・・大半の指導者は自分の指導にプライドを持っているため(むろんそれは素晴らしいことですが)①②のバランスをとれているか?について見直すことが少ないこともあります。

 ですから指導を受ける側が、どんなタイプの指導者か?を見極めることが大切です。さて、私は体験授業等を実施しています。詳細はお問い合わせください。

-雑感

© 2021 国語・読書感想文専門塾