雑感

謹賀新年

 

 明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。

 月並みの挨拶で始めましたが・・・新しい年を迎えるにあたって静かに自分なりの反省、新たな目標を立てるチャンスが多いと思います。私自身も年末年始は静かに「祈り」ます。

 さて「いのり」は元々「意宣り」という字が当てられていたと言われています。すなわち自らの意図をを宣言するということです。

 「◯◯を叶えて下さい」とすがったり頼ったりするのではなく、「私は◯◯を実現します」と神様に宣言するのです。

 私は毎年「自分の意志」を「宣言」し、今年も「いのる」を「意に乗る」とします。決意表明とでも言いましょうか。

 「神様」というと特定の思想のように思われるかもしれませが、「目に見えない大きな何か」≒「サムシンググレート」の「意思・流れ」に「乗る」ことを意識します。

 まずは自分に「決意表明」そして目に見えない「大きな何か」に「決意表明」をすると・・・もう行動せずにはいられない?!今年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

-雑感

© 2021 国語・読書感想文専門塾