雑感

なぜ専門?!

 

 「化学専門塾」

という文字が目に飛び込んできました!つくばに行った時のことです。思わず「へーっ、私は『国語専門塾』を主催していたけれど、『化学』なんだ~。」となんとなく「専門塾」という部分に対して親近感を抱きました。

 大手塾内で選択授業として単科授業を特別に受けるということは一般的ですが、単科目のみの塾(英語を除く)は珍しいと思います。

    だからでしょう。「なぜ国語を教えるのか?」と今までに数えきれないぐらい聞かれました。

 この質問には「なぜよりによって国語?英語や数学ではないの?マイナーだよね。」といった意味合いが含まれていることをひしひしと感じたものです。

 理由は沢山ありますが、理由の一つとして「日本人だから!」です。日本の古典から伝わる思想や考え方が大好き→教えることのみならず「古文」の予習をすること自体が楽しいからです。

 例えば「玉勝間」にはこのような話(中三テキストより)があります。「人のただ一つの言葉や、ただ一つの行為によってその人全体の良さ、悪さを決めてしまうのは、中国の本によくあるが、これはまるで正しくないことだ・・・・・。」と。

 はっきりと決めつけない「あいまいさ」が日本人特有の気質と言っていいかもしれず、それが批判対象(今のご時世でいうならば、同調圧力など)になることもありますが、個人的にはその「日本人らしさ」が好きなのです。

 テキストを予習する際に「仕事だからやらなくては」というよりも「楽しいからやっている」という意識が強い私。

 ちなみに帰宅後に「化学専門塾」についてネットで検索すると、高校生・高卒生対象のようです。

 

-雑感

© 2020 国語・読書感想文専門塾