雑感

みっともないです、敬語の逆は

 中学国語では「敬語」について学びます。敬語は種類が多く、独特の言い回しなど覚えることが多くて大変です。とはいえ、実は大切なことは1つです。

 相手の行動を持ち上げる、あるいは自分の行動を下げることによって「相手を上」にするのです。☜来月リリース予定のオンライン講座プログラムでは図で分かりやすく説明しています。

 決して自分が上、上から目線、相手を下げる・・・のではありません。単純に自分や自分の身内のことを褒めたり持ち上げたりする話題は平和なのでいいと思います。

 しかし。それとセットとして他人を貶めることによって自分や自分の身内を持ち上げるのはいかがなものか?そういう行為をしていること自体、あなた自身を貶めているよと言いたくなります。

 以前、私の周囲で次のような会話がなされていました。

A「子どもと同じ学校の子がコンビニでバイトしていたけれど・・・。高校生の場合、バイトは許可がいるよね?」

B「そうだよ、許可がいるよ。無断でしている子もいるだろうけれど。私の子供が単発バイトをやってみたいと先生に許可をもらいに行ったら速攻でOKもらったけれど、○○ちゃんは駄目って言われたよ。成績が悪い子は駄目なんだって。○○ちゃんって一体どれだけバカなんだろう?!」

 私?!聞いて聞かぬふりをして訳もなくスマホを触っていました。目の前にいない人様の子をバカにする(☜何か恨みでもあるのでしょうか?)ことによって自分の子供が優秀だと自慢するその神経、ぞっとしました。

 そう、人様に対してのネガティブな発言は下手すると自分の品位を下げることになります。それが分かっているからこそ私は「余計なことは言わないでおこう」と意識しています。

 もう一度言います。国語の敬語でも「自分を下げることによって相手を上げる」(謙譲語)はあっても「人を貶めて自分を上げる」なんて用法はありません!正しい日本語を使いたいものです。 

 

 

 

-雑感

© 2020 国語・読書感想文専門塾