雑感

何の声に従いますか?

 突然ですが、あなたは運がいい方ですか?特に「くじ運」・・・。私は「くじ運」は結構いい方です。「くじ」に当たる確率は単純に考えれば皆「同様に等しい」はずなのですが、そうはいかないところが面白いのです。

 学生時代に、歳末くじの主催者側としてアルバイトをした際に、20回引いても1度も当たらない人もいれば3回中2回当たる人もいるのです。しかも同じ日、ほぼ同時刻、同じ箱・・・。

 

 目に見えない「本人の意思(潜在意識)」「運?」が働いているとしか思えないのです。だからこそ、偶発的に見える「易」「タロット」等が「当たる・・・」ことがあるのでしょう。☜むろん占う人の技術、能力にも大きく左右されますが。

 

 

 中国思想の研究家である加地伸行氏は、非常につらい困難に出くわした際に自ら「易経」に基づき、正式の方法で生まれて初めて占ったそうです。

 

 「進め」という結果が出たため、「消極策」「積極策」で迷っていたところを「積極策」に落ち着いたそうです。

 

 「今から思えば、私の気持ちとしては積極策と思っていた。しかし、ためらいがあったことは否めない。その時『易経』から現れたことばが私の背中を押したのである。」(「すらすら読める論語 加地伸行著 P194 1行目より引用)と本人は述べてらっしゃいます。

 

 

 ちなみにワタクシ。基本的に「消極策」「積極策」・・・両方ともに同じぐらいのリスクがある場合は、迷わず「積極策」を取ります。

 「易経」「占い」ではなく「心の言葉」に従っています。少しは謙虚になったほうがいいのかもしれません?(苦笑)。

 

-雑感

© 2020 国語・読書感想文専門塾