鑑賞

ヒントは本文中に?!

 「ヒントは本文中に!」

が今日の題名です。これを見ると「ハイハイ、国語はヒントが本文中に必ずあるので、それを探せってことでしょう?探し方についての蘊蓄?!」と思われたかもしれません。

 残念でした~~。今日は国語の解法というよりも今日は私自身の自己紹介に近いことです。誰しも「人には言えない」「人に相談するほどではないけれど。。。」といった悩みがあるでしょう。

 もちろん、私もしかりです。一つ解決したと思ったらまた別の悩みがポコッと顔を出してきます。いちいち人に相談したりする暇なんてありません、キリがないですから。

 解決策を見つけるよう努力し、手に負えない時はしばらく放置してます。すると不思議なことに国語のテキストを解いている時、新聞や本を読んでいる時に「え?これって私へのメッセージ?」といった具合にドンピシャの答えが見つかるのです。

 先日、国語のテキストで「都市論」を読んでいたところ・・・ある段落に目が釘付けに。日頃は機械的に読むだけなのですが、ある段落数行が私の当時のモヤモヤを一瞬にして吹き飛ばしてくれました。

 内容は私がウジウジしていたこととは全く無関係のストーリーなのですが・・・。そういったことが日常茶飯の私。人によっては、誰かとの会話中にヒントを見出す、夢でお告げが?!(笑)というパターンもあるでしょう。

 活字中毒の私にはまさに「ヒントは本文中にあり!」です。仕事をしながらプライベートのことが解決してしまうって…恵まれているなあと嬉しくなり、ますます真面目に?!仕事にまい進しようと思っています。

 

-鑑賞

© 2021 国語・読書感想文専門塾