雑感

土用の日には鰻を食べる!

 今日は「土用丑の日」。「土用」とは立夏・立秋・立冬・立春直前の約18日間の「期間」を示す言葉、昔の暦では日にちを十二支(子・丑・寅・卯…)で数えており、「土用の丑の日」とは土用の期間におとずれる丑の日の事を指します。

 ハーイ、私は今年は贅沢に!と鰻を一匹丸ごといただきました~!満足です。さて、鰻を土用の日に食べる習慣が一般にも広まったのは1700年代後半、江戸時代だったとか。

 一説によれば「夏に売り上げが落ちる」と鰻屋から相談を受けた蘭学者の平賀源内が、店先に「けふ(きょう)は丑の日」と書いた張り紙を書いて宣伝しなさいとアドバイス。

 おかげで店は繁盛したそうで、これを他の鰻屋も真似をし、風習として根付いた…というものがあります。この鰻屋と平賀源内のエピソードはとっても勉強になります。

 ①行き詰ったら人に相談している点②元々、良い素材だけれど「やり方」がまずかっただけ…と言う場合はちょっとしたきっかけで一気に状況が変わる。以上2点において共感できます。

 そんなことを考えながら鰻を頬張りました!おかげで今日から、また頑張ることが出来ます!

-雑感

Copyright© 国語・読書感想文専門塾 , 2020 All Rights Reserved.