勉強法 鑑賞

現状・自分自身に目を向ける。

 「分かる~~~!ああ、どの業界でもいるのね、自分のことを全く分かっていないイタイ人、周りが迷惑~!」

と、思わずパソコンに向かって叫びなくなるような記事を見つけました。

 とある有名な占い師Sさんのブログ。占いに関しては私は「当たるも八卦当たらぬも八卦」といった感じですが某占い師さんのブログは「文章が面白い」ので読んでいます。さて、内容を一部紹介します。

(S氏)「ご自身は頑固なところがありますね。」

(客)「頑固じゃ無いです」と反論。☜少し切れ気味に

(S氏)「そう言うのを頑固って言うんだよねぇ。」

(客)「・・・。」

 他にも「あるある」エピソードが語られています。「現状から目を背けている。人から指摘されるのを異常に嫌う」タイプ…少なからずいます。そういうタイプを保護者に持つと子供は大変だろうなあと思わず同情を隠せません。

 

 某保護者は授業の報告時に「それは、学校では習った内容ですか?」とおっしゃるのが口癖です。もしも私が「はい、学校で習っている範囲ですが・・・。」なんて言おうものなら「学校で習っているのになんで出来ないんだ(怒)!」と子供を攻撃し始めるので、最近は私が日本語を選びます。

 「学校で習ったからといってすぐに出来る子ならば塾も家庭教師なんていらないでしょ?それが無理だからこうしてプロに頼んでいるわけですよね?」

 

「自分の子供を責めたり、口うるさく勉強するように言ったところで物事が好転するわけはありません。その前にまずはあなたの姿勢を見つめてください。」

とはさすがに言えません。ではどうするか?私はいかにして自分が「神対応」をするか?に意識を向けます。☜要するに保身です…笑。「人のふり見て我が振り直せ」と勉強させていただいております。

 ちなみに勉強は…正直です。「勉強してるのに点数が上がりません。」などなど言うタイプ。自分のことを分かっていません。勉強しているということは否定しません。

 しかし「勉強時間が足りない」「工夫が必要」等の原因にまず目を向ける、自分自身の姿勢を見つめることが必要なのです。何事も冷静に自分を見つめることが大切だと言いたいです!自戒を込めて。

 

-勉強法, 鑑賞

Copyright© 国語・読書感想文専門塾 , 2020 All Rights Reserved.