国語勉強法

国語は論理的作業が不可欠です。

 突然ですが、8×5という式を見た場合、小学2年生以降でいわゆる九九を習った人間であればパッと「40」と答えるでしょう。でも、8×358は?と聞かれたら暗算派と筆算派に分かれるけれど、大半の人は筆算するでしょう。

 ところが国語の長文が出された場合、果たしてどれぐらいの人が「メモ」「チェック」をするでしょうか?国語は日本語で書かれており、文字としては理解できるので大半の人は内容をきちんと分析することを忘れてしまうのです。

 結論を言うと数学、国語、その他の科目全般において見直しの手間を考えると記録を残しておくほうが絶対に良いです。文章が簡単なうちは印をつけずに読んで解いても大丈夫ですが、文章が複雑化すると白紙の状態で正答率を上げるというのはかなり厳しくなるのです。

 それは複雑な計算を暗算でこなそうとするようなもの。むろん、計算に関しては「暗算10段です」のような特殊技能を身につけている、文章に関しても「一度読んだ文章は忘れません」というならば話は別ですが。

 さらに言うならば数学では中学3年生になると1~15、できたら1~20までの平方(二乗)については毎回計算するのではなく、13の二乗=169という結果を暗記するように言われることが多く、それは正しいと思います。

 国語もしかりで、内容を理解して正しく解答するためには本文にチェックを入れたり、文章の型や解き方のコツを覚えるという数学的作業が必要ということを肝に銘じてほしいものです。

 

 

-国語勉強法

© 2020 国語・読書感想文専門塾