雑感

愛の反対は無関心?!

 「愛の反対は無関心」とマザー・テレサ(1910-1997)が言ったとか言わなかったか・・・。これはエリ・ヴィーゼル(Elie Wiesel, b. 1928)の言葉というのが事実らしいですが、そんなことはどうでもいいのです。

 国語的に「愛」の対義語が「無関心」か?となると異論もあるでしょう。ただ、個人的には「愛の反対は無関心」に共感します。どの生徒に対しても愛情をもっているからこそ熱心に指導し、時には苦言を呈することも。

 しかし、

①こちらが何か言うとことごとく反論、言い訳をする。

②少しでも注意をしようものなら拗ねて、自分の殻に閉じこもる、嘘をつく、下手すると逆恨みをする。

 この2パーターンのタイプには何も出来ません。無関心を決め込んで好きにさせるしかありません。勉強が出来ないことに対して、見捨てたり無関心になることは決してありません。

 愛情が通じないタイプに関しては無関心になってしまうと同時に哀れみすら感じます。もしかすると勉強面においてのみ聞く耳を持たないのかも知れませんし、そうであることを祈るばかりです。

 勉強が出来るに越したことはないですが、それ以上に人様からの愛情を素直に受け取れるようになることが大切だと思う今日このです。

-雑感

Copyright© 国語・読書感想文専門塾 , 2020 All Rights Reserved.