雑感

「考える」とは

 「考えるとはどうい意味だと思いますか?考えるとは自分に自分で問いかけることだと私は定義しています。」

 これは3年ほど前に脳科学の専門家から伺った言葉です。日頃「考える」の定義を「考える」ことがなかったので思わず「成程~」と妙に納得しました。

 以来、「不幸と思えること」が続いていないか?愚痴ばかりを言いまわっていないか?をメインに自問自答(考え)しています。

 「不幸ばかり・・・」「自分ばかり酷いことが起こる」と思う時って意外と視野が狭くなっているだけ!ということがあります。 ここがポイントです!

 人に問うのではなく冷静に落ち着いて「自分で自分に問いかける」のです。これは意外と難しく、この「自分で自分に問いかける」練習の方法として私は読書(特に小説)を上げます。

 

 例えば「十二単を着た悪魔」(内館牧子著)は源氏物語中では「意地悪」として書かれている「弘徽殿の女御」の視点からの作品で。これを読むと光源氏に対しては勿論あらゆる登場人物への見る目が変わること間違いなし?です。

-雑感

© 2022 作文110番