雑感

and と or

 皆さんは「不安」を感じるときはありますか?私?当然あります!!!一応?人間ですから・・・。人間は「先が分からないから不安になる」と私は思っています。

 

 では先が見える(分かる)といいのか?・・・先のことを知ってしまうと面白くない気がします。素晴らしい未来であれば嬉しいですが、そうではないならばショックですし。そもそも「未来は変えられる」からこそ「占い」等の存在意義があるのです。

 

 だから占い師をはじめとして人にアドヴァイスをする人は「将来○○(良くないこと)が起こりやすい。でも△△するとダイジョブ!」といった前向きなアドヴァイスをすべきでしょう。「○○が起こる。」「△△しなさい!さもないと○○が起こる!と脅すことはいかがなものか?と感じます。

 

 正直言って、命令口調+否定語で相手に伝える方が楽です。勉強の指導だってそうです。・勉強時間0・学校のワーク全科目真っ白・自分で考えることを一切しない…状態に対してプラスの言葉をかけることは至難の業です。

 

 そこで私は苦「OR(さもないと)」ではなく「AND(すると)」を使うよう心がけています。「□□しなさい!さもないと✖✖になるよ。」「今のままだと本当に本当にどこの高校にも入れないよ」☞「□□しよう!すると○○になるよ!」「答えを写してでもいいから学校の宿題(ワーク)を提出しよう。すると内申点を期待できるよ。」と。

 

 ちなみに・・・長年の経験から「本気」の人は「OR」でも「AND」でも必ず成果を出しますし逆のパターンもしかりです。というわけで皆さん、私から助言を求められたら「OR」ではなく「AND」でお願いしますね!脅されると凹みますので(笑)。

 

 

-雑感

© 2020 国語・読書感想文専門塾