雑感

最新学習歴

 「最新学習歴」

 この言葉を最近知り、衝撃を受けました!○○校卒業という肩書よりも「今、何を学び続けているか?」「何かを学ぼうとしているか?」に注目する方が健全だな~と妙に納得しました。過去の栄光に胡坐をかいて「何も学ばなくなる≒成長が止まる」ことは怖いし、もったいないです。

 

 時々、いるんです・・・。自分はもとより家族の「学歴」までも自慢する人、卒業後何十年たっても「最終学歴」を必要以上にちらつかせる人。そういうタイプに限って今、現在のことは一切語らない(語れない?)のです。

 

 

 「最終学歴」が高い≒「努力した証」と言えるでしょうし、その経験は誰からも盗まれることがない尊いものです。だから「高い最終学歴」を誇りとして持ち続けることは素晴らしいです。でもそれをわざわざ、どうでもいい時にひけらかす必要ってあるの?!と思うことがあります。

 

 「学歴」とは卒業した学校の履歴というくくりですが、「学習歴」とは学校で学ぶ内容に限らずあらゆる幅広い範囲を指すので、言葉自体も「健全で的確だ~。」と感じます。本当に頭のいい人・求められる人とは学力+想像力といった人間性が優れている人だからです。

 

 

 いつまでも学び続ける姿勢を持ち続け、最終学歴ではなく最新学習歴によって相手のことを判断する、される人間になりたいものです。

-雑感

© 2020 国語・読書感想文専門塾